古語:

貴なりの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

あて・なり 【貴なり】

形容動詞ナリ活用

活用{なら/なり・に/なり/なる/なれ/なれ}


高貴だ。身分・家柄が高い。


出典竹取物語 貴公子たちの求婚


「世界の男(をのこ)、あてなるもいやしきも、いかでこのかぐや姫を、得てしがな、見てしがなと」


[訳] 世の中の男は、身分が高い者も低い者も、どうにかしてこのかぐや姫を、手に入れたいものだなあ、結婚したいものだなあと。


上品だ。優美だ。


出典枕草子 ふと心おとりとかするものは


「ただ文字一つに、あやしう、あてにもいやしうもなるは、いかなるにかあらむ」


[訳] ほんの言葉遣い一つで、上品にも下品にもなるというのは、どういうわけであろうか。


参考

「あてなり」と「やむごとなし」「けたかし」との違い 「あてなり」「けたかし」は「やむごとなし」ほどには最高の血筋や身分を表さず、皇子や権力者には用いない。「あてなり」が親しみやすい感じをもつのに対し、「けたかし」の方は、近寄りがたい感じをもつ。また、同系の語「あてはかなり」「あてやかなり」は人柄や容姿についての上品さをいうが、身分や家柄を表すことはない。









貴なりのページへのリンク
「貴なり」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

貴なりのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




貴なりのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS