古語:

踏歌の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

たふ-か 【踏歌】

名詞

平安時代、年始に宮中で行われた行事。中国の隋(ずい)・唐の行事が伝来したもので、歌舞に巧みな都の男女を召し、新年の祝詞を謡い舞わせた。初めは男女一緒で、正月十六日に豊楽殿(ぶらくでん)で行われたが、のち、正月十四日か十五日に男踏歌(=男だけの踏歌)が、十六日に女踏歌が紫宸殿(ししんでん)で行われ、さらに、女踏歌だけになった。十六日の女踏歌を「踏歌の節会(せちゑ)」という。



とうか 【踏歌】

⇒たふか









踏歌のページへのリンク
「踏歌」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

踏歌のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




踏歌のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS