古語:

通るの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

とおる 【通る】

⇒とほる



とほ・る 【通る】

自動詞ラ行四段活用

活用{ら/り/る/る/れ/れ}


通る。通過する。


出典徒然草 五〇


「院の御桟敷(さじき)のあたり、さらにとほり得べうもあらず立ちこみたり」


[訳] 上皇の御桟敷のあたりは、まったく通り抜けることができそうもないほど混雑していた。


貫く。つき抜ける。


出典万葉集 二三八六


「巌(いはほ)すら行きとほるべき健男(ますらを)も」


[訳] 大岩さえも貫いて行くにちがいない勇ましい男子も。◇「徹る」とも書く。


すき通る。すける。


出典源氏物語 澪標


「外は暗うなり、内は大殿油(おほとのあぶら)、ほのかに物よりとほりて見ゆるを」


[訳] 外は暗くなり、内は大殿油の火がかすかに物越しにすき通って見えるので。◇「透る」とも書く。


うまくいく。達成する。


出典徒然草 一四一


「おのづから本意(ほい)とほらぬこと多かるべし」


[訳] 自然、思うようにうまくいかないことが多いにちがいない。


理解する。悟る。


出典三冊子 俳論


「俳諧(はいかい)は、教へてならざる所あり。よくとほるにあり」


[訳] 俳諧は、教えただけではうまくいかないところがある。自分でよく理解するところにこつがある。









通るのページへのリンク
「通る」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

通るのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




通るのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS