古語:

遠の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

とお 【遠】

⇒とほ



とほ 【遠】

形容詞語幹

⇒とほし。◆直接、または格助詞「つ」や「の」を伴って時間的・空間的に隔たっている意を表す。



オン 【怨・遠】

⇒をん



エン 【円・宛・垣・怨・遠・鴛】

⇒ゑん



をと 【彼方・遠】

名詞

「をち(彼方)」に同じ。



おち 【彼方・遠】

⇒をち



をち 【彼方・遠】

名詞

遠く隔たった場所。遠方。かなた。


出典古今集 離別


「白雲の八重(やへ)に重なるをちにても」


[訳] 白雲が幾重にも重なる遠方であっても。[反対語] 此方(こち)。


それより以前。昔。


出典拾遺集 雑賀


「昨日よりをちをば知らず」


[訳] 昨日よりそれ以前のことはわからないが。


それより以後。将来。


出典万葉集 三七二六


「このころは恋ひつつもあらむ玉匣(たまくしげ)(=枕詞(まくらことば))明けてをちよりすべなかるべし」


[訳] この数日は恋しながらもこうしているでしょう。夜が明けた後からは(あなたがいなくなって)どうにもしようがないでしょう。









遠のページへのリンク
「遠」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

遠のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




遠のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS