古語:

避くの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

よ・く 【避く】

[一]他動詞カ行四段活用

活用{か/き/く/く/け/け}


さける。よける。


出典後撰集 秋下


「秋風に誘はれ渡る雁(かりがね)は物思ふ人の宿をよかなむ」


[訳] 秋風にさそわれて渡るかりは、もの思いにふける人の家をよけてほしい。


[二]他動詞カ行上二段活用

活用{き/き/く/くる/くれ/きよ}


[一]に同じ。


出典古今集 春下


「吹く風にあつらへつくるものならばこの一本(ひともと)はよきよと言はまし」


[訳] もし吹く風に希望が言えるものならば、この一本の桜はよけよと言うだろうに。


参考

上代は上二段活用のみ。後に、上二段・四段活用が並用され、中世以降は下二段活用が用いられた。








避くのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

避くのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




避くのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS