古語:

銀の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

ぎん 【銀】

名詞

(金属の)銀。しろがね。


丁銀(ちようぎん)・豆板銀などの銀貨。特に、「丁銀(ちやうぎん)」。


(上方で)貨幣。かね。


参考

江戸時代の貨幣制度で、江戸は金本位制、上方は銀本位制であった。そのため、西鶴(さいかく)の作品などでは、「銀」を「かね」と読ませる例が多い。



しろ-かね 【銀】

名詞

銀(ぎん)。▽「銅(あかがね)」「金(くがね)・(こがね)」「鉄(くろがね)」に対していう。


出典万葉集 八〇三


「しろかねも金(くがね)も玉も何せむに勝れる宝子に及(し)かめやも」


[訳] ⇒しろかねも…。


銀貨。◆近世以降は「しろがね」。









銀のページへのリンク
「銀」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

銀のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




銀のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS