古語:

閉づの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

と・づ 【閉づ】

[一]自動詞ダ行上二段活用

活用{ぢ/ぢ/づ/づる/づれ/ぢよ}


閉ざされる。ふさがる。閉じこもる。


出典源氏物語 明石


「すべて道とぢて」


[訳] すべて道がふさがって。


水が凍る。結ぶ。


出典源氏物語 賢木


「岩井の水も氷とぢ」


[訳] 岩清水の井戸の水も氷が結んで。


[二]他動詞ダ行上二段活用

活用{ぢ/ぢ/づ/づる/づれ/ぢよ}


閉ざす。ふさぐ。しめる。


出典平家物語 七・忠度都落


「門戸をとぢて開かず」


[訳] 門を閉ざして開かない。


閉じ込める。


出典源氏物語 夕霧


「まだ、夕暮れの霧にとぢられて」


[訳] まだ、夕暮れの霧に閉じ込められて。


水が凍って、流れを止めたり池を覆ったりする。


出典新古今集 春上


「岩間とぢし氷も今朝はとけそめて」


[訳] 岩の間を覆った氷も今朝はとけはじめて。








閉づのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

閉づのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




閉づのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2014 Printed in Japan

©2014 Weblio RSS