古語:

随の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

ずい 【随】

名詞

気まま。勝手。



まに-ま 【随・随意】

名詞

他の人の意志や、物事の成り行きに従うこと。まま。▽形式名詞と考えられる。連体修飾語を受けて副詞的に用いられる。


出典万葉集 一〇三二


「天皇(おほきみ)の行幸(みゆき)のまにま吾妹子(わぎもこ)が手枕(たまくら)まかず月ぞ経(へ)にける」


[訳] 天皇の行幸に従ったままわが妻の手枕もせず月日が過ぎてしまった。



まま 【儘・随】

名詞

(…の)とおり。(…の)まま。▽成り行きに任せること。


出典源氏物語 少女


「ただのたまふままの御心にて」


[訳] ただおっしゃるとおりのお心で。


心のまま。思うとおり。


出典源氏物語 澪標


「世の中の事、…この大臣(おとど)の御ままなり」


[訳] 世の中のことは、…この大臣のお心のままである。


そのまま。それきり。


出典源氏物語 末摘花


「しか。まかで侍(はべ)るままなり」


[訳] そうです。(宮中から)退出しましてそのまま(こちらへ参上したの)です。


参考

多く形式名詞として用いる。









随のページへのリンク
「随」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

随のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




随のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS