古語:

随筆の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

随筆

分類文芸


文学の形態の一つ。筆者の体験・見聞・感想・批評などを、自由な形式で書きつづった作品。平安時代中期の清少納言の『枕草子(まくらのそうし)』、鎌倉時代の鴨長明(かものちようめい)の『方丈記』、吉田兼好(けんこう)の『徒然草(つれづれぐさ)』は、三大随筆といわれる。江戸時代には、本居宣長(もとおりのりなが)の『玉勝間(たまかつま)』や、松平定信(さだのぶ)の『花月(かげつ)草紙』などが書かれた。









随筆のページへのリンク
「随筆」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

随筆のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




随筆のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS