古語:

隔つの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

へだ・つ 【隔つ】

[一]他動詞タ行下二段活用

活用{て/て/つ/つる/つれ/てよ}


(間を)離す。(間を)仕切る。さえぎる。隔てる。


出典枕草子 心にくきもの


「物の後ろ、障子(さうじ)などへだてて、聞くに」


[訳] 物の陰やふすまなどを隔てて聞くと。


別にする。区別する。


出典源氏物語 賢木


「大小の事をへだてず、何事も御後ろ見と思(おぼ)せ」


[訳] 事の大小を区別せず、何事も(源氏の君を)御後見とお思いなさい。


(間に)時間を置く。間(ま)を置く。


出典源氏物語 須磨


「一、二日たまさかにへだつるをりだに」


[訳] 一日二日たまに(あなたと)間を置くときでさえ。


疎んじる。疎み遠ざける。


出典源氏物語 若菜上


「少しへだつる心添ひて、見知らぬやうにておはす」


[訳] (紫の上には)少し(源氏を)疎んじる心が起こって、そしらぬようすでいらっしゃる。


[二]自動詞タ行四段活用

活用{た/ち/つ/つ/て/て}


「へだたる」に同じ。


出典万葉集 八六六


「白雲の千重(ちへ)にへだてる筑紫(つくし)の国は」


[訳] 白雲が幾重にも重なりになって隔たっている筑紫の国は。









隔つのページへのリンク
「隔つ」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

隔つのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




隔つのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS