古語:

頭の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

あたま 【頭】

名詞

体の首から上の部分。あたま。◇この意味では古くは「かしら」と言った。


頭髪。


先端。上の部分。


物事の初め。



つぶり 【頭】

名詞

あたま。「つむり」とも。



-かしら 【頭】

接尾語

人・動物・仏像など、頭のあるものを数える。「(仏像)いくかしら」「しかの一かしら」



とう 【頭】

名詞

(組織や集団の)かしら。頭領。


「蔵人(くらうど)の頭(とう)」の略。


(集会・祭礼などの)世話役の当番。◇中世語。



かしら 【頭】

名詞

あたま。


頭髪。


能楽で用いる、毛の長くたれたかぶり物。怨霊(おんりよう)などに用いる。


物の最上部。先端の部分。


出典枕草子 草の花は


「冬の末まで、かしらのいと白く」


[訳] (すすきは)冬の末まで先端の部分(=穂)がたいそう白く。


首領。頭領。親方。



かう-べ 【首・頭】

名詞

かしら。あたま。◆「かみべ」のウ音便。



ズ 【図・頭・廚】

⇒づ



こうべ 【首・頭】

⇒かうべ









頭のページへのリンク
「頭」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

頭のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




頭のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS