古語:

風流の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

ふう-りう 【風流】

名詞

伝統。遺風。


出典風姿花伝 序


「古きを学び新しきを賞する中にも、全くふうりうを邪(よこしま)にする事なかれ」


[訳] 古風を学び、新風を愛し楽しむ中にも、けっして伝統を邪道にすることがあってはならない。


みやびやかなこと。優雅なこと。また、みやびやかな遊び。詩歌・芸術の遊び。


出典奥の細道 須賀川


「ふうりうの初めや奥の田植(たうゑ)歌―芭蕉」


[訳] ⇒ふうりうの…。


意匠をこらして飾りたてること。


祭礼の行列などで、笠(かさ)や仮装などを華やかに意匠すること。また、華やかに仮装し、「囃子物(はやしもの)」を奏して踊る踊り。また、その囃子物。「ふりう」とも。



ふ-りう 【風流】

名詞

「ふうりう」に同じ。









風流のページへのリンク
「風流」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

風流のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




風流のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS