古語:

骨なしの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

こち-な・し 【骨なし】

形容詞ク活用

活用{(く)・から/く・かり/し/き・かる/けれ/かれ}


無作法だ。ぶしつけだ。


出典源氏物語 手習


「しひて言ふもいとこちなし」


[訳] (食事をするようにと)無理に言うのも、とても無作法だ。


無骨だ。興ざめだ。風流心がない。


出典大鏡 実頼


「日高く待たれ奉りまゐり給(たま)ひければ、少しこちなく思(おぼ)し召さるれど」


[訳] 日が高くなるまでお待たせ申して参上なさったので、少し無風流にお思いになったが。◆「こつなし」とも。








骨なしのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

骨なしのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




骨なしのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS