古語:

高家の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

かう-け 【高家・豪家】

名詞

格式の高い家。名門。権勢のある家。平安・鎌倉時代には摂関家や武家の名門にいい、江戸時代には公家(くげ)をさすこともある。


頼みとするところ。よりどころ。


出典源氏物語 葵


「大将殿をぞかうけには思ひ聞こゆらむ」


[訳] 大将殿をよりどころとして思い申し上げているのだろう。


江戸幕府で、老中の下に属して、幕府の儀式・典礼などをつかさどる職。室町時代以来の名家が世襲。◇「高家」と書く。








高家のページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

高家のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




高家のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS