古語:

なほの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

「なほ」を解説文に含む見出し語の検索結果(1~10/347件中)

[一]副詞①それでもやはり。出典落窪物語 二「なほなほな憎ませ給(たま)ひそ」[訳] それでもやはりお憎みなさるな。②いよいよ。ますます。出典狭衣物語 二「なほなほいかなりし事...
[一]副詞①それでもやはり。出典落窪物語 二「なほなほな憎ませ給(たま)ひそ」[訳] それでもやはりお憎みなさるな。②いよいよ。ますます。出典狭衣物語 二「なほなほいかなりし事...
[一]副詞①それでもやはり。出典落窪物語 二「なほなほな憎ませ給(たま)ひそ」[訳] それでもやはりお憎みなさるな。②いよいよ。ますます。出典狭衣物語 二「なほなほいかなりし事...
名詞生活のための仕事。家業。なりわい。多く、自然生産的な農業にいう。出典万葉集 八〇一「なほなほに家に帰りてなりをしまさに」[訳] まっすぐに(自分の)家に帰って家業をなさってほしい。
< 前の結果 | 次の結果 >


   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

法人向けの高品質な翻訳サービス


©2017 Weblio RSS