古語:

そそるの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

「そそる」を解説文に含む見出し語の検索結果(1~10/34件中)

感動詞①それそれ。そうそう。▽相手の言葉にあいづちを打つ語。出典源氏物語 夢浮橋「『そそや。あな、うつくし』など言ひて」[訳] 「そうそう。まあ、かわいらしい」などと言って。②...
[一]自動詞ラ行四段活用活用{ら/り/る/る/れ/れ}①心が浮つく。そわそわする。出典好色一代女 浮世・西鶴「もたれかかれば、この親仁(おやぢ)そそり出(い)だして」[訳] もたれかかると...
自動詞カ行四段活用活用{か/き/く/く/け/け}①忙しそうに振る舞う。ざわざわする。出典枕草子 殿上の名対面こそ「沓(くつ)の音し、そそめき出づると」[訳] 沓の音をさせて、ざわざわと出て...
感動詞そら。それそれ。そらそら。▽人に注意を促すときに発する語。出典蜻蛉日記 中「『そそ』など人もさはぐほどに」[訳] 「それそれ」などと人が騒いでいるうちに。◆代名詞「そ」を重ねた語。
形容詞シク活用活用{(しく)・しから/しく・しかり/し/しき・しかる/しけれ/しかれ}落ち着きがない。せわしい。そそっかしい。出典源氏物語 横笛「いとそそかしう這(は)ひ下り騒ぎ給(たま)ふ」[訳] ...
他動詞ラ行四段活用活用{ら/り/る/る/れ/れ}忙しそうに物事をする。せわしげに物事をする。出典源氏物語 横笛「耳はさみして、そそくりつくろひて、抱きてゐ給(たま)へり」[訳] (髪の毛を)耳に挟んで...
自動詞ラ行四段活用活用{ら/り/る/る/れ/れ}天空に高くそびえ立つ。出典万葉集 四〇〇三「白雲の千重(ちへ)を押し別(わ)けあまそそり高き立山」[訳] 白雲が幾重にも重なったのを押し分けて、空に高く...
自動詞ラ行四段活用活用{ら/り/る/る/れ/れ}天空に高くそびえ立つ。出典万葉集 四〇〇三「白雲の千重(ちへ)を押し別(わ)けあまそそり高き立山」[訳] 白雲が幾重にも重なったのを押し分けて、空に高く...
分類連語幻のようにはかないこの世の分かれ道。出典奥の細道 旅立「まぼろしのちまたに離別の涙をそそく」[訳] まぼろしのようなはかないこの世の分かれ道で別れの涙を流す。
分類連語幻のようにはかないこの世の分かれ道。出典奥の細道 旅立「まぼろしのちまたに離別の涙をそそく」[訳] まぼろしのようなはかないこの世の分かれ道で別れの涙を流す。
< 前の結果 | 次の結果 >


   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

法人向けの高品質な翻訳サービス


©2019 Weblio RSS