古語:

雨月物語の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

「雨月物語」を解説文に含む見出し語の検索結果(1~10/84件中)

分類連語刃物で死ぬ。刃物で自殺する。出典雨月物語 菊花の約「みづからやいばにふして」[訳] 自分から刃物で死んで。
分類連語刃物で死ぬ。刃物で自殺する。出典雨月物語 菊花の約「みづからやいばにふして」[訳] 自分から刃物で死んで。
自動詞サ行変格活用活用{せ/し/す/する/すれ/せよ}変化する。出典雨月物語 夢応の鯉魚「一つの鯉魚(りぎよ)とけしぬ」[訳] 一匹の鯉(こい)に変化した。
自動詞サ行変格活用活用{せ/し/す/する/すれ/せよ}変化する。出典雨月物語 夢応の鯉魚「一つの鯉魚(りぎよ)とけしぬ」[訳] 一匹の鯉(こい)に変化した。
名詞商品。商売。出典雨月物語 浅茅が宿「あきもの買ひて京(みやこ)に行くといふを」[訳] 商品を買って(商売に)京都へ行くというのを。
名詞商品。商売。出典雨月物語 浅茅が宿「あきもの買ひて京(みやこ)に行くといふを」[訳] 商品を買って(商売に)京都へ行くというのを。
名詞①召使い。しもべ。②仕えること。奉公。奉仕。出典雨月物語 吉備津の釜「朝夕のつぶねもことに実(まめ)やかに」[訳] 朝夕の奉仕も特別に心がこもっていて。
名詞①召使い。しもべ。②仕えること。奉公。奉仕。出典雨月物語 吉備津の釜「朝夕のつぶねもことに実(まめ)やかに」[訳] 朝夕の奉仕も特別に心がこもっていて。
分類連語機嫌をとる。出典雨月物語 蛇性の婬「金忠夫婦がこころをとりて、ひたすら嘆き頼みける」[訳] 金忠夫婦の機嫌をとって、一生懸命に頼んだ。
分類連語機嫌をとる。出典雨月物語 蛇性の婬「金忠夫婦がこころをとりて、ひたすら嘆き頼みける」[訳] 金忠夫婦の機嫌をとって、一生懸命に頼んだ。
< 前の結果 | 次の結果 >



   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳


©2020 Weblio RSS