古語:

伏し沈むの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

「伏し沈む」を解説文に含む見出し語の検索結果(1~5/5件中)

名詞淡水魚の名。かじか。[季語] 秋。◆石の間に伏し沈んでいることからいう。
名詞淡水魚の名。かじか。[季語] 秋。◆石の間に伏し沈んでいることからいう。
名詞淡水魚の名。かじか。[季語] 秋。◆石の間に伏し沈んでいることからいう。
分類枕詞竹の節(ふし)と同音を含むことから「伏し」や「伏見」に、竹の節(よ)(=節と節の間)から同音の「代(よ)」「夜」「世」などにかかる。「くれたけの世々の」「くれたけの伏し沈み」...
分類枕詞竹の節(ふし)と同音を含むことから「伏し」や「伏見」に、竹の節(よ)(=節と節の間)から同音の「代(よ)」「夜」「世」などにかかる。「くれたけの世々の」「くれたけの伏し沈み」...
< 前の結果 | 次の結果 >



   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳


©2020 Weblio RSS