古語:

後輪の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

「後輪」を解説文に含む見出し語の検索結果(1~6/6件中)

名詞馬具の鞍(くら)の前の部分で、山形に高くなっている所。[反対語] 後輪(しづわ)。
名詞馬具の鞍(くら)の前の部分で、山形に高くなっている所。[反対語] 後輪(しづわ)。
名詞鞍の前輪(まえわ)と後輪(しずわ)との間の、人がまたがって乗る部分。鞍笠(くらかさ)。
名詞鞍の前輪(まえわ)と後輪(しずわ)との間の、人がまたがって乗る部分。鞍笠(くらかさ)。
名詞①鞍(くら)の「前輪(まへわ)」と「後輪(しづわ)」それぞれの中央部の、山形に高くなったところ。②山の形を図案化したもの。紋所や、屋号の上に付ける標識などとした。
名詞①鞍(くら)の「前輪(まへわ)」と「後輪(しづわ)」それぞれの中央部の、山形に高くなったところ。②山の形を図案化したもの。紋所や、屋号の上に付ける標識などとした。
< 前の結果 | 次の結果 >



   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

法人向けの高品質な翻訳サービス


©2020 Weblio RSS