古語:

先づの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

まづ 【先づ】

副詞

初めに。まっさきに。第一に。


出典万葉集 八一八


「春さればまづ咲く宿の梅の花」


[訳] 春になるとまっさきに咲く、この家の梅の花。


何はさておき。ともかくも。とりあえず。▽多く命令文に用いる。


出典徒然草 八七


「『口づきのをのこに、まづ一度(いちど)せさせよ』とて、酒を出(い)だしければ」


[訳] 「馬の口取りの男に、とりあえず一杯飲ませよ」といって、酒を出すと。


〔否定の表現を伴って〕いっこうに。どうにも。


出典今昔物語集 二八・七


「まづ心も得ぬ事なれば」


[訳] いっこうにわけがわからないことなので。









先づのページへのリンク
「先づ」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

先づのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




先づのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS