古語:

斎ふの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

いは・ふ 【斎ふ】

他動詞ハ行四段活用

活用{は/ひ/ふ/ふ/へ/へ}


けがれを避け、身を清める。忌み慎む。


出典万葉集 二九七五


「高麗錦(こまにしき)紐(ひも)の結びも解き放(さ)けずいはひて待てどしるし無きかも」


[訳] 高麗錦の紐の結びも解きはなたず身を清めて待つけれども効果がないことだなあ。


神としてあがめ祭る。


出典万葉集 二三〇九


「祝部(はふり)らがいはふ社の黄葉(もみちば)も」


[訳] 神職たちが神としてあがめ祭る神社の紅葉も。


大切に守る。慎み守る。


出典万葉集 四二四〇


「この吾児(あこ)を韓国(からくに)へ遣(や)るいはへ神たち」


[訳] このわが子を唐(から)(=中国)へ行かせるので、大切に守ってください、神様たち。


注意

「祝う」の古語「祝ふ」もあるが、「斎ふ」とは別語。








斎ふのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

斎ふのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




斎ふのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2021 Printed in Japan

©2021 Weblio RSS