古語:

算用の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

さん-よう 【算用・筭用】

名詞※「す」が付いて他動詞(サ行変格活用)になる

計算すること。勘定。収支の決算をすること。


出典世間胸算用 浮世・西鶴


「未来にて、きっとさんようし給(たま)ふなれば」


[訳] あの世で、きっと勘定の決算をしてくださいますから。


金銭の貸借関係のかたをつけること。清算すること。


見積りを立てること。見積り。目算。◆「さんにょう」とも。








算用のページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

算用のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




算用のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS