古語:

飛ぶの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

と・ぶ 【飛ぶ】

自動詞バ行四段活用

活用{ば/び/ぶ/ぶ/べ/べ}


空を飛ぶ。


出典古今集 秋上


「とぶ雁(かり)の数さへ見ゆる」


[訳] ⇒しらくもに…。


空中に舞い上がる。


出典万葉集 五四三


「黄葉(もみちは)の散りとぶ見つつ」


[訳] もみじが散って舞い上がるのをみながら。


跳躍する。はねる。


出典平家物語 一一・能登殿最期


「やがてつづいてもとび給(たま)はず」


[訳] (能登(のと)殿は)すぐに続いて(船に)飛び乗りなさらない。


走る。かける。


出典枕草子 ねたきもの


「簾(す)のもとに止まりて見たる心地こそ、とびも出(い)でぬべき心地すれ」


[訳] すだれのところに立ち止まって見ている気持ちというのは、走り出ていきたい気がする。









飛ぶのページへのリンク
「飛ぶ」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

飛ぶのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




飛ぶのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS