古語:

懸想人の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

「懸想人」を解説文に含む見出し語の検索結果(1~10/11件中)

自動詞バ行四段活用活用{ば/び/ぶ/ぶ/べ/べ}あくびをする。出典枕草子 懸想人にて来たるは「ながやかにうちあくびて」[訳] 長々とあくびをして。
自動詞バ行四段活用活用{ば/び/ぶ/ぶ/べ/べ}あくびをする。出典枕草子 懸想人にて来たるは「ながやかにうちあくびて」[訳] 長々とあくびをして。
分類連語そうではない。それほどでもない。出典枕草子 懸想人にて来たるは「いとよき人の御供人などは、さもなし」[訳] たいそう高貴な方のお供の人などは、それほどでもない。なりたち副詞「さも」+形容詞「な...
分類連語そうではない。それほどでもない。出典枕草子 懸想人にて来たるは「いとよき人の御供人などは、さもなし」[訳] たいそう高貴な方のお供の人などは、それほどでもない。なりたち副詞「さも」+形容詞「な...
形容詞ク活用活用{(く)・から/く・かり/し/き・かる/けれ/かれ}たいしたものでない。あまり目立たない。みすぼらしい。出典源氏物語 夕顔「懸想人(けさうびと)の、いとものげなき足元を見つけられて侍(...
形容詞ク活用活用{(く)・から/く・かり/し/き・かる/けれ/かれ}たいしたものでない。あまり目立たない。みすぼらしい。出典源氏物語 夕顔「懸想人(けさうびと)の、いとものげなき足元を見つけられて侍(...
自動詞カ行四段活用活用{か/き/く/く/け/け}①嘆息の声をあげる。出典枕草子 懸想人にて来たるは「『あな』と高やかにうちいひ、うめきたるも」[訳] 「ああ」とかん高く声に出し、嘆息の声を...
自動詞カ行四段活用活用{か/き/く/く/け/け}①嘆息の声をあげる。出典枕草子 懸想人にて来たるは「『あな』と高やかにうちいひ、うめきたるも」[訳] 「ああ」とかん高く声に出し、嘆息の声を...
自動詞ラ行四段活用活用{ら/り/る/る/れ/れ}①おりる。(下流に)移る。くだる。出典枕草子 うらやましげなるもの「『…』と道に会ひたる人にうち言ひてくだり行きしこそ」[訳] 「…」と道で...
自動詞ラ行四段活用活用{ら/り/る/る/れ/れ}①おりる。(下流に)移る。くだる。出典枕草子 うらやましげなるもの「『…』と道に会ひたる人にうち言ひてくだり行きしこそ」[訳] 「…」と道で...
< 前の結果 | 次の結果 >



   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳


©2020 Weblio RSS