古語:

手代の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

「手代」を解説文に含む見出し語の検索結果(1~10/10件中)

分類連語閉口する。あきれる。感心する。出典日本永代蔵 浮世・西鶴「手代がををって、食ひもせぬ餠(もち)に口をあきける」[訳] 手代は閉口して、食いもしない餠に口をあけた。◇「がををっ」は促音便。
分類連語閉口する。あきれる。感心する。出典日本永代蔵 浮世・西鶴「手代がををって、食ひもせぬ餠(もち)に口をあきける」[訳] 手代は閉口して、食いもしない餠に口をあけた。◇「がををっ」は促音便。
名詞①年の若い男子。②商家などの使用人で、小僧より年長で上位の者。手代。③遊郭や茶屋などで雑用をする男の使用人。◆「若い衆(しゆ)」とも。
名詞①年の若い男子。②商家などの使用人で、小僧より年長で上位の者。手代。③遊郭や茶屋などで雑用をする男の使用人。◆「若い衆(しゆ)」とも。
名詞①江戸時代、郡代・代官や諸奉行の配下として、諸雑務を扱った下級役人。②江戸時代の商家で、番頭と丁稚(でつち)との中間に位置する使用人。丁稚としての十年の年季奉公が終わると手...
名詞①江戸時代、郡代・代官や諸奉行の配下として、諸雑務を扱った下級役人。②江戸時代の商家で、番頭と丁稚(でつち)との中間に位置する使用人。丁稚としての十年の年季奉公が終わると手...
分類書名世話物浄瑠璃(じようるり)。近松門左衛門(もんざえもん)作。江戸時代中期(一七〇三)初演。〔内容〕大坂の醬油(しようゆ)屋の手代徳兵衛と遊女のお初が、曾根崎天神の森で情死した事件を、わずか一か...
分類書名世話物浄瑠璃(じようるり)。近松門左衛門(もんざえもん)作。江戸時代中期(一七〇三)初演。〔内容〕大坂の醬油(しようゆ)屋の手代徳兵衛と遊女のお初が、曾根崎天神の森で情死した事件を、わずか一か...
名詞①「ばんがしら」に同じ。②見張りをすること。きびしく警固すること。③商家の奉公人の長。手代の上に立つ者で、店の商務を店主に任された者。④「番頭新造(...
名詞①「ばんがしら」に同じ。②見張りをすること。きびしく警固すること。③商家の奉公人の長。手代の上に立つ者で、店の商務を店主に任された者。④「番頭新造(...
< 前の結果 | 次の結果 >



   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳


©2020 Weblio RSS