古語:

梵字の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

ぼん-じ 【梵字】

名詞

梵語(ぼんご)(=サンスクリット)を書き表すのに用いる文字。「悉曇(しつたん)」とも。


参考

摩多(また)と呼ぶ母音十二字、体文(たいもん)と呼ぶ子音三十五字の、計四十七字から成る。古代インドの文語であるサンスクリットを書くための文字であるが、日本では、経文の陀羅尼(だらに)や卒都婆(そとば)などの文字を書くのに用いる。









梵字のページへのリンク
「梵字」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

梵字のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




梵字のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS