古語:

主がるの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

あるじ-が・る 【主がる】

自動詞ラ行四段活用

活用{ら/り/る/る/れ/れ}


いかにも主人らしい態度をとる。主人らしく振る舞う。


出典源氏物語 蜻蛉


「常陸(ひたち)の守(かみ)来て、あるじがりをるなむ、あやしと人々見ける」


[訳] 常陸の守が来て主人らしく振る舞っているのを見苦しいと人々は思った。◆「がる」は接尾語。








主がるのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

主がるのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




主がるのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS