古語:

乱声の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

らん-ざう 【乱声】

名詞

「らんじゃう①」に同じ。



らん-じゃう 【乱声】

名詞

雅楽の舞楽で用いる調べの一つ。笛に太鼓・鉦鼓(しようこ)を合わせて急テンポで奏するので、せわしく乱雑に聞こえる。行幸の到着、舞楽の始め、相撲(すまい)・競(くら)べ馬の勝負の決したときなどに用いられる。「らんざう」「らざう」とも。


軍陣で、陣鉦(じんがね)や太鼓などを乱打して鬨(とき)の声をあげること。


出典平家物語 九・樋口被討罰


「常に太鼓を打ってらんじゃうをす」


[訳] いつも太鼓を打って鬨の声をあげる。








乱声のページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

乱声のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




乱声のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS