古語:

件のの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

くだん-の 【件の】

連体詞

前述の。上述の。


出典平家物語 九・敦盛最期


「くだんの笛は祖父(おほぢ)忠盛笛の上手(じやうず)にて、鳥羽(とば)院より給(たま)はられたりけるとぞ聞こえし」


[訳] 前述の笛は、祖父の忠盛が笛の名人だったので、鳥羽上皇からいただきなさっていたものとうわさされていた。


例の。いつもの。


出典保元物語 中


「くだんの大矢を打ちくはせ」


[訳] 例の大きな矢をひょいとつがえ。◆「くだん」は「くだり」の撥(はつ)音便。








件ののページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

件ののお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




件ののページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS