古語:

健よかなりの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > 健よかなりの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

すく-よか・なり 【健よかなり】

形容動詞ナリ活用

活用{なら/なり・に/なり/なる/なれ/なれ}


しっかりしている。


出典源氏物語 真木柱


「女君、あやしう、悩ましげにのみもてない給(たま)ひて、すくよかなる折もなく、しをれ給へるを」


[訳] 女君(=玉鬘(たまかずら))は、不思議に気分がよくないようにばかりお振る舞いになって、気持ちがしっかりしているときもなく、沈んでいらっしゃったが。


まじめだ。ぶこつだ。


出典徒然草 一四一


「ひとへにすくよかなるものなれば、初めより否(いな)と言ひて止みぬ」


[訳] (東国の人は)むやみにぶこつなものなので、初めからいやだと言ってやめてしまう。


険しい。


出典源氏物語 帚木


「すくよかならぬ山の気色(けしき)」


[訳] 険しくない山のようす。








健よかなりのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

健よかなりのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




健よかなりのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS