古語:

偲ぶの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

しの・ぶ 【偲ぶ】

[一]他動詞バ行四段活用

活用{ば/び/ぶ/ぶ/べ/べ}


めでる。賞美する。


出典万葉集 一六


「黄葉(もみつ)をば取りてそしのふ」


[訳] 黄色く色づいた葉を手に取って賞美する。


思い出す。思い起こす。思い慕う。


出典徒然草 一三七


「浅茅(あさぢ)が宿に昔をしのぶこそ」


[訳] 茅(ちがや)が茂っている荒れた家に、(恋人と語らった)昔を思い出すことこそ。


[二]他動詞バ行上二段活用

活用{び/び/ぶ/ぶる/ぶれ/びよ}


思い起こす。思い慕う。


出典源氏物語 幻


「亡き人をしのぶる宵の村雨に」


[訳] 故人を思い起こす夜のにわか雨に。









偲ぶのページへのリンク
「偲ぶ」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

偲ぶのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




偲ぶのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS