古語:

大和魂の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

やまと-だましひ 【大和魂】

名詞

「やまとごころ」に同じ。


出典源氏物語 少女


「なほ才(ざえ)を本(もと)としてこそ、やまとだましひの世に用ひらるる方(かた)も、強う侍(はべ)らめ」


[訳] やはり漢学の学識・教養を基本にしてこそ、物事を処理する実務的な能力が世間で重んじられるということも確実でしょう。◇漢詩文・漢学の能力「才(ざえ)」に対していう。


日本人固有の精神。


出典椿説弓張月 読本


「事に迫りて死を軽んずるは、やまとだましひなれど」


[訳] いざというとき死を恐れないのは、日本人固有の精神であるが。









大和魂のページへのリンク
「大和魂」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

大和魂のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




大和魂のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS