古語:

少しきなりの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > 少しきなりの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

すこしき・なり 【少しきなり】

形容動詞ナリ活用

活用{なら/なり・に/なり/なる/なれ/なれ}


わずかだ。少量だ。


出典徒然草 二一一


「心を用ゐることすこしきにして」


[訳] 心をくばることがわずかであって。


小さい。


出典日本書紀 雄略


「すこしきなる雄鶏(みにはとり)をもって、呼びて天皇の鶏(みにはとり)として」


[訳] 小さい雄鶏(おんどり)の方を、天皇の鶏(にわとり)と呼んで。








少しきなりのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

少しきなりのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




少しきなりのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS