古語:

燻ぶの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

ふす・ぶ 【燻ぶ】

[一]自動詞バ行下二段活用

活用{べ/べ/ぶ/ぶる/ぶれ/べよ}


いぶる。くすぶる。


出典徒然草 一九


「蚊遣(かや)り火ふすぶるもあはれなり」


[訳] 蚊遣り火がくすぶっているのももの寂しく心ひかれる。


嫉妬(しつと)する。やきもちをやく。


出典枕草子 くるしげなるもの


「思ふ人二人もちて、こなたかなたふすべらるる男」


[訳] 愛する人を二人持って、両方から嫉妬される男(は困っているように見える)。


すねる。


出典蜻蛉日記 上


「隣さかしらするまで、ふすべかはして」


[訳] 隣からいらぬおせっかいをするまで、互いにすねあって。


[二]他動詞バ行下二段活用

活用{べ/べ/ぶ/ぶる/ぶれ/べよ}


いぶす。くすぶらせる。


出典源氏物語 須磨


「柴(しば)といふ物、ふすぶるなりけり」


[訳] 柴というものを、いぶしているのであった。








燻ぶのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

燻ぶのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




燻ぶのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS