古語:

燃ゆの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

も・ゆ 【燃ゆ】

自動詞ヤ行下二段活用

活用{え/え/ゆ/ゆる/ゆれ/えよ}


火が燃える。陽炎(かげろう)が立ちのぼることや、蛍が光を放つことなどを見立てていうこともある。


出典古事記 履中


「陽炎(かぎろひ)のもゆる家群(いへむら)」


[訳] かげろうの立ちのぼっている家々。


火が燃え盛るように心が高ぶる。


出典万葉集 二九三二


「心にはもえて思へどうつせみの人目を繁(しげ)み妹(いも)に逢(あ)はぬかも」


[訳] 心では燃えるように激しく高ぶって思うけれど、世間の人の目がうるさいのであの娘に会わないでいることだ。









燃ゆのページへのリンク
「燃ゆ」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

燃ゆのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




燃ゆのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS