古語:

薺の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

なづな 【薺】

名詞

「春の七草」の一つ。なずな。実が三味線のばちに似ることから「ぺんぺん草」ともいう。[季語] 春。


出典続虚栗 俳諧


「よく見ればなづな花咲く垣根かな―芭蕉」


[訳] ふと目をとめてよくよく見ると、垣根のほとりに、なずなが、見過ごしてしまいそうな白く可憐(かれん)な花をつけていることだ。








薺のページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

薺のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




薺のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS