古語:

鎮まるの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

しづま・る 【鎮まる・静まる】

自動詞ラ行四段活用

活用{ら/り/る/る/れ/れ}


(神が)鎮座する。


出典万葉集 一九九


「神(かむ)ながらしづまりましぬ」


[訳] 神として鎮座なさった。


(騒ぎや戦乱などが)おさまる。穏やかになる。


出典平家物語 七・還亡


「兵革(へいがく)しづまらば」


[訳] もし戦乱がおさまったら。


(声・音が)やむ。静かになる。


出典源氏物語 葵


「少し御声もしづまり給(たま)へれば」


[訳] 少しお声も静かになられたので。


眠りにつく。寝静まる。


出典徒然草 二九


「人しづまりて後、長き夜のすさびに」


[訳] 人が寝静まってから後、長い夜の慰みごとに。


(性格・態度などが)落ち着く。物静かになる。


出典源氏物語 帚木


「恥づかしげにしづまりたれば、うち出(い)でにくし」


[訳] はずかしそうに、物静かになっているので、言い出しにくい。


(勢いが)衰える。


出典源氏物語 野分


「御いきほひの、しづまりて」


[訳] 勢いが衰えて。








鎮まるのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

鎮まるのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




鎮まるのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS