古語:

須くの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

すべから-く 【須く】

副詞

〔多く、助動詞「べし」と呼応して〕当然。


出典徒然草 二一七


「徳をつかんと思はば、すべからく、まづその心づかひを修行すべし」


[訳] 富を得ようと思うならば、当然、まずその心がけを熱心に修得しなければならない。


参考

サ変動詞「す」の終止形に推量の助動詞「べし」の未然形と接尾語「く」が付いて一語化したもの。漢文訓読で「須」を「すべからく…べし」と読んだことから生じた語で、用例も漢文訓読系の文章に多い。








須くのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

須くのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




須くのページの著作権
古語辞典 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2023 Printed in Japan

©2023 GRAS Group, Inc.RSS