古語:

なよらかなりの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > なよらかなりの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

なよ-らか・なり

形容動詞ナリ活用

活用{なら/なり・に/なり/なる/なれ/なれ}


「なよよかなり」に同じ。


出典枕草子 清涼殿の丑寅のすみの


「桜の直衣(なほし)の少しなよらかなるに」


[訳] 桜襲(さくらがさね)の直衣(のうし)のすこししなやかなのに。


「なよよかなり」に同じ。


出典源氏物語 橋姫


「いとなよらかに心苦しうて」


[訳] たいそうものやわらかでいじらしく感じられて。◆「らか」は接尾語。








なよらかなりのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

なよらかなりのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




なよらかなりのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS