古語:

ならくの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

なら-く

…ことには。▽漢文訓読調の文で、「言ふならく」「聞くならく」などの形で用いる。


出典十訓抄 五


「言ふならく、奈落(ならく)の底に入りぬれば」


[訳] 言うことには、奈落の底に落ちると。◆派生語。


なりたち

推定・伝聞の助動詞「なり」の未然形+体言化する接尾語「く」



な-らく 【奈落】

名詞

悪人が死後に落ちて、責め苦を受ける所。地獄。◇仏教語。


最終の所。果て。どん底。


歌舞伎(かぶき)劇場の舞台や花道の床下。回り舞台・せり出しなどの設備が設けられ、通路にも用いられる。









ならくのページへのリンク
「ならく」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

ならくのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




ならくのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS