古語:

ならの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

なら

副助詞

《接続》体言に付く。〔「…なら…なら」の形で、複数の事柄をとりたてて列挙する〕…でも…でも。…といい…といい。


出典堀川波鼓 浄瑠・近松


「姿なら面体(めんてい)なら…いなば山国育ちとは思われず」


[訳] 姿といい顔つきといい…いなばの山国育ちとは思われない。◆近世語。断定の助動詞「なり」の未然形に接続助詞「ば」が付いた「ならば」の変化した語。



なら

断定の助動詞「なり」の未然形。


出典古事記 仲哀


「この御酒(みき)は我が御酒ならず」


[訳] このお酒は私が造ったお酒ではない。



奈良

分類地名


今の奈良市。和銅三年(七一〇)から延暦(えんりやく)三年(七八四)までの間の都で、唐の長安を模して造営された。廃都後も、春日(かすが)大社・東大寺・興福寺などの門前町として繁栄した。南都(なんと)。古くは「寧楽」「平城」とも書く。



楢の小川

分類地名


歌枕(うたまくら)。今の京都市北区の上賀茂(かみがも)神社の境内を流れる御手洗(みたらし)川。









ならのページへのリンク
「なら」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

ならのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




ならのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS