古語:

なもの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

なも

係助詞

《接続》種々の助詞や、形容詞語幹+「み」に付く。引用句・連用修飾語に付くことが多い。〔強意〕付いた語句を強調する。


出典万葉集 二八七七


「何時(いつ)はなも恋ひずありとはあらねどもうたてこのころ恋し繁(しげ)しも」


[訳] どんな時でも恋しく思わないでいることはないけれども、ますますこのごろは恋心がつのることだ。◆和歌にはほとんど用いられず、『万葉集』の用例は右記の例のみである。中古以降は「なむ」。上代語。



なも

終助詞

《接続》活用語の未然形に付く。〔他に対する願望〕…てほしい。…てもらいたい。


出典万葉集 一八


「三輪山(みわやま)をしかも隠すか雲だにも心あらなも隠さふべしや」


[訳] ⇒みわやまを…。◆上代語。



なも

助動詞特殊型

《接続》動詞型活用語の終止形、ラ変型活用語には連体形に付く。


活用{○/○/なも/なも/○/○}


〔現在推量〕…ているだろう。


出典万葉集 三五五二


「真人言(まひとごと)思ほすなもろわが思(も)ほのすも」


[訳] 他人のうわさがうるさいとお思いになっているでしょうよ、私が思っているように。◆上代の東国方言。助動詞「らむ」に相当する。



なも 【南無・南謨】

名詞

「なむ(南無)」に同じ。









なものページへのリンク
「なも」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

なものお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




なものページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS