古語:

然もの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

さ-も 【然も】

[一]

分類連語


そのようにも。そうも。


出典枕草子 鳥は


「ただ雀(すずめ)などのやうに常にある鳥ならば、さもおぼゆまじ」


[訳] ただすずめなどのように(一年中)いつもいる鳥ならば、(私は)そうも(=残念にも)感じないだろう。


なりたち

副詞「さ」+係助詞「も」


[二]副詞

いかにも。まったく。ほんとうに。


出典源氏物語 宿木


「さも清らにおはしける大臣(おとど)かな」


[訳] (夕霧の君は)いかにも美しくていらっしゃる大臣だなあ。


〔下に打消の語を伴って〕それほど。たいして。


出典源氏物語 蓬生


「ただこちたき御ものづつみなれば、さもむつび給(たま)はぬを」


[訳] (末摘花は)ただ大変な引っこみ思案でいらっしゃるので、(叔母と)それほど親しくなさらないのを。◆副詞「さ」に係助詞「も」が付いて一語化したもの。



しか-も 【然も】

[一]

分類連語


そのようにも。


出典徒然草 一五五


「待つこと、しかも急ならざるに、覚えずして来る」


[訳] (死を)待つことは、そのようにも急でないのに、思いがけずやってくる。


〔下に「…か」を伴って〕そんなにも(…かなあ)。


出典万葉集 一八


「三輪山(みわやま)をしかも隠すか雲だにも心あらなも隠さふべしや」


[訳] ⇒みわやまを…。◆「も」は係助詞。


[二]接続詞

なおその上に。


出典方丈記 


「行く河の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず」


[訳] 流れていく河の流れは絶えることがなくて、なおその上に以前からあった水ではない。








然ものページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

然ものお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




然ものページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS