古語:

然も有らば有れの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > 然も有らば有れの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

さも-あら-ば-あれ 【然も有らば有れ】

分類連語


どうなろうともかまわない。どうとでもなれ。


出典伊勢物語 六五


「思ふには忍ぶることぞ負けにける逢(あ)ふにしかへばさもあらばあれ」


[訳] あなたを恋しいと思う気持ちには人目を忍ぶという心も負けてしまった。あなたとお会いすることと引き換えにできるならどうなろうともかまわない。


なりたち

副詞「さも」+ラ変動詞「あり」の未然形+接続助詞「ば」+ラ変動詞「あり」の命令形








然も有らば有れのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

然も有らば有れのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




然も有らば有れのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS