古語:

然も有りぬべしの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > 然も有りぬべしの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

さも-あり-ぬ-・べし 【然も有りぬべし】

分類連語


きっとそうであるだろう。きっとそうであるに違いない。


出典徒然草 一四二


「『子故(ゆゑ)にこそ、万(よろづ)のあはれは思ひ知らるれ』と言ひたりし、さもありぬべきことなり」


[訳] 「子を持ってこそ、すべての情愛は思い知られるのである」と言っていたのは、きっとそうであるに違いないことである。


なりたち

副詞「さも」+ラ変動詞「あり」の連用形+完了(確述)の助動詞「ぬ」の終止形+推量の助動詞「べし」








然も有りぬべしのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

然も有りぬべしのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




然も有りぬべしのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS