古語:

然は言へどの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > 然は言へどの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

さは-いへ-ど 【然は言へど】

分類連語


そうは言うものの。やはり。


出典徒然草 三〇


「年月経ても、つゆ忘るるにはあらねど、去る者は日々に疎(うと)しと言へることなれば、さはいへど、その際(きは)ばかりは覚えぬにや」


[訳] たとえ長い年月が経過しても、(亡くなった人のことを)少しも忘れるわけではないが、「離れ去る者は日々にうとくなる」ということだから、やはりその当座ほどには感じないのだろうか。








然は言へどのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

然は言へどのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




然は言へどのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS