古語:

然のみやはの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > 然のみやはの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

さ-のみ-やは 【然のみやは】

分類連語


そうばかりも…していられようか、いや、いられない。▽反語を表す。


出典竹取物語 かぐや姫の昇天


「今まで過ごし侍(はべ)りつるなり。さのみやはとて、うち出(い)で侍りぬるぞ」


[訳] 今まで(黙って)過ごしていたのです。(しかし)そうばかりもしていられようか、いや、いられないと思って、打ち明けるのでございますよ。


なりたち

副詞「さ」+副助詞「のみ」+係助詞「やは」








然のみやはのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

然のみやはのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




然のみやはのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS