古語:

然ばかりのの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > 然ばかりのの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

さばかり-の 【然ばかりの】

分類連語


その程度の。それほどの。


出典徒然草 八四


「さばかりの人の、無下(むげ)にこそ心弱きけしきを人の国にて見え給ひけれ」


[訳] それほどの人なのに、ひどく気の弱いようすを外国でお見せになったものだ。


なりたち

副詞「さばかり」+格助詞「の」








然ばかりののページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

然ばかりののお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




然ばかりののページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS