古語:

然ばかりの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

さ-ばかり 【然ばかり】

副詞

その程度。そのくらい。そんなにまで。それほど。


出典徒然草 一〇


「この殿の御心さばかりにこそ」


[訳] この殿(=後徳大寺の左大臣)のお心はその程度であったのだろう。


非常に。とても。たいそう。


出典徒然草 二三


「さばかり寒き夜もすがら、ここかしこに眠り居たるこそをかしけれ」


[訳] 非常に寒い夜一晩中、(宮中の)あちこちに(下役人たちが)居眠りをしているのは興味深いことだ。◆副詞「さ」に副助詞「ばかり」が付いて一語化したもの。



しか-ばかり 【然ばかり】

分類連語


それほどまでに。これほど。


出典万葉集 六三一


「うはへなきものかも人はしかばかり遠き家路を還(かへ)さく思(も)へば」


[訳] 愛想のないものだなあ、あなたは。これほど遠い家路を追い帰すことを思うと。


なりたち

副詞「しか」+副助詞「ばかり」








然ばかりのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

然ばかりのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




然ばかりのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS