古語:

然ならぬの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

さ-なら-ぬ 【然ならぬ】

分類連語


それほどでもない。


出典源氏物語 葵


「さならぬことだに、人の御ためには」


[訳] それほどでもないことでさえ、他人の御ことに関しては(よいうわさを立てない)。


普通ではない。そうあるべきではない。


出典源氏物語 末摘花


「様異(さまこと)に、さならぬうちとけわざもし給(たま)ひけり」


[訳] 格別に、普通ではない(立ち入った)内輪の細かな世話までもなさるのだった。


なりたち

副詞「さ」+断定の助動詞「なり」の未然形+打消の助動詞「ず」の連体形








然ならぬのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

然ならぬのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




然ならぬのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS